Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Cloud Foundation」の深刻な脆弱性、悪用コードが公開

「VMware Cloud Foundation(VCF)」に深刻な脆弱性が含まれていることが判明した問題で、脆弱性を悪用するエクスプロイトコードが公開されたことがわかった。

問題とされる「CVE-2021-39144」は、オープンソースライブラリ「XStream」に由来する脆弱性。

2021年8月にリリースされた「XStream 1.4.18」にて同脆弱性は解消されたが、「VCF 3.11」および以前のバージョンの「VMware NSX Data Center for vSphere(NSX-V)」に実装されているバージョンが古く、深刻な影響を及ぼすことが明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアは「9.8」、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

脆弱性を悪用されると、root権限でコードを実行されるおそれがある。現地時間10月25日にアップデートがリリースされ、公開時点で悪用の報告はなかったが、わずか2日後の現地時間27日に同脆弱性を悪用するエクスプロイトコードが公開されていることが確認された。

同社では、「XStream 1.4.19」へ更新することで脆弱性に対処した「NSX-V 6.4.14」をリリースしており、アップデートなど対策を講じるよう利用者に求めている。

(Security NEXT - 2022/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働