Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Cloud Foundation」に深刻な脆弱性 - OSSの既知脆弱性に起因

「VMware Cloud Foundation(VCF)」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。2021年に判明したオープンソースライブラリの脆弱性に起因するという。

「同3.11」および以前のバージョンにおいて「VMware NSX Data Center for vSphere(NSX-V)」が実装するオープンソースライブラリ「XStream」が古く、既知の脆弱性「CVE-2021-39144」の影響を受けることが明らかとなったもの。

同ライブラリは、データのシリアル化機能を提供しており、認証がないエンドポイントにおいても、細工した入力によりアプライアンスにおいてroot権限でコードの実行が可能になる。

VMwareでは、同脆弱性の影響について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

あわせてCVSS値が「5.3」、重要度が「中(Moderate)」とされる「XML外部実体参照(XXE)」の脆弱性「CVE-2022-31678」も判明している。

(Security NEXT - 2022/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大