Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年上半期にフィッシングで悪用されたブランドは「PayPal」が半数超

BitDefenderは、2010年上半期におけるマルウェアやスパム、フィッシングの状況について取りまとめた。

同社がまとめた上半期のマルウェアランキングによれば、オートラン機能を悪用する「Trojan.AutorunINF.Gen」が全体の11.3%を占めて1位。2位はWindowsの脆弱性を悪用するワーム「Win32.Worm.Downadup.Gen」が5.7%、3位はPDFの脆弱性を攻撃する「Exploit.PDF-JS.Gen」が4.8%で続いた。

国別のマルウェア発生率を見ると、1位は全体の31%を占めた中国、2位は22%のロシアで、この2国で全体の半数を占める。日本はトップ10圏外だった。

上半期は全メールの86%がスパムで、サッカーワールドカップとグアテマラで発生した大洪水に関するニュースやイベントの悪用が確認されている。スパムの種類としては医薬品に関するメールが66%と突出していた。

(Security NEXT - 2010/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に