Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社

システム開発会社のネクストリンクスは、不正アクセスを受けサイトが改ざんされたほか、送受信したメールが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、8月26日に委託先より同社サイトで不審なページが公開されているとの報告があり、調査を行ったところ、不正アクセスによりサイトの一部がフィッシング詐欺目的で改ざんされていたことが判明した。

ウェブサイトと同じサーバで運用しているメールサービスにも影響し、同社メールアドレスで送受信したメールが流出した可能性があることもわかったという。

対象範囲としては、最大で同社がメールサービスの利用を開始した2014年10月から2022年8月31日までとなるが、容量などから直近1年以内に送受信したメールが対象になると見られている。

同社では9月5日に個人情報保護委員会や日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)へ報告。8月29日よりサイトを停止していたが、外部事業者の調査などを経て異なる環境で再構成し、10月20日より再開している。

(Security NEXT - 2022/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」