Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市

大阪市の市立小学校において、児童の個人情報含む家庭連絡票が所在不明になっている。

同市によれば、全児童159人分の個人情報含む家庭連絡票が所在不明になっているもの。氏名、住所、生年月日、保護者連絡先、家族構成、配慮事項、家族不在時間帯、緊急連絡先、通学路などが記載されている。

10月4日15時ごろ、職員が家庭連絡票を使用するために保管場所である職員室内のキャビネットを開けたところ、ファイル6冊すべてが見当たらないことに気づいた。

同日10時半に教頭がキャビネットを開けた際はすべてのファイルが揃っていたという。家庭連絡票はキャビネットで保管しているが施錠しておらず、自由に教員が取り出せる状態だった。

校内を捜索するも発見できず、警察へ紛失届を提出。複数の教員で各家庭に連絡するとともに、保護者説明会を開催して経緯の説明と謝罪を行なっている。

(Security NEXT - 2022/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民の口座情報含むUSBメモリが所在不明 - 佐久穂町
コロナワクチン接種者情報含むUSBメモリを紛失 - 野辺地町
患者情報含む書類が所在不明 - 昭和大病院
患者情報を記録したカメラが所在不明 - 立川病院
世論調査対象者の個人情報を紛失 - NHK
府立高校でマイナカード写しを紛失 - 大阪府
交付前のマイナカードが所在不明、箱ごと誤廃棄か - 横浜市
育児に関する相談記録日誌を紛失 - 茅ヶ崎市
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
小学校で1クラス分の「家庭調書」を紛失 - 静岡市