Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県

岡山県は、委託事業者においてメールの送信ミスがあり、新型コロナ感染症の陽性者に関する個人情報が流出したことを明らかにした。

同県によれば、9月23日17時ごろ、委託事業者である近畿日本ツーリストが、陽性者7人に対して医師の診断結果をメール送信したところ、送信先を誤って宛先に設定するミスがあったという。

受信者間に氏名とメールアドレスが流出。メールの本文には陽性であるとの医師による診断結果が記載されていた。

同県では委託事業者から誤送信の報告を受け、対象となる陽性者に説明と謝罪を行い、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表