Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロの「Apex One」に複数脆弱性 - すでに悪用も

トレンドマイクロが提供するエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Trend Micro Apex One」「同SaaS」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

両製品において6件の脆弱性が明らかとなったもの。なかでも、ロールバック機能に利用するコンポーネントに判明した検証不備の脆弱性「CVE-2022-40139」についてはすでに悪用が確認されている。

脆弱性を悪用するには管理コンソールのログイン権限が必要となるが、エージェントに悪意あるコンポーネントをダウンロードさせ、任意のコードを実行させることが可能になるという。

このほか、ログイン認証をバイパスできる脆弱性「CVE-2022-40144」や、エージェントにおいて権限昇格が可能となる脆弱性「CVE-2022-40142」、サーバにおける権限昇格の脆弱性「CVE-2022-40143」などに対処した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「CVE-2022-40144」が、今回明らかとなった脆弱性においてもっとも高い「8.2」と評価されており、「CVE-2022-40142」が「7.8」、「CVE-2022-40143」が「7.3」と続いた。

(Security NEXT - 2022/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート