Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県

群馬県は、公文書を保存期間満了前に誤って廃棄し、溶解処理した可能性が高いことを明らかにした。

同県によれば、河川課において保存期間満了前の公文書を誤って廃棄した可能性があることが判明したもの。

対象となる公文書は、庶務関係や調査関係、工事、委託関係、河川管理関係、補助金、負担金関係などであわせて414件。そのうち264件については復元可能だとしている。

2021年度の文書整理において、保存期間を満了した公文書の確認作業を行ったところ、一部公文書の所在が確認できなかったため、全公文書の確認を進めた結果、今回の誤廃棄が判明した。溶解処理された可能性が高いと説明している。

保存期間延長時に廃棄予定を適切に記載しなかったこと、保存期間、廃棄予定の記載に誤りや未記載があったこと、廃棄年度の異なる文書を一冊に保管したことなどが原因としており、電子決裁による文書事務を徹底するほか、文書廃棄時に複数で現物を確認するなど再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介