Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス

休日プランの提供と代理予約を行うサービス「休日ハック!」において、フォームより問い合わせを行った顧客の個人情報が、外部より閲覧できる状態となっていたことがわかった。

同サービスを提供する休日ハックによれば、4月26日から8月30日にかけて、問い合わせフォームより入力された顧客情報274件が閲覧可能な状態となっていたもの。

個人顧客31件に関する氏名、電話番号、メールアドレス、問い合わせ内容、および法人顧客243件の担当者氏名、住所、電話番号、メールアドレス、問い合わせ内容など含まれる。リンクやアクセス権限などの設定ミスが原因だという。

同月30日に顧客から指摘があり調査を行ったところ判明した。8月28日に従業員がリンクの設定ミスに気づき、修正を行っていたが、情報が社内で共有されていなかったという。

同社では、個人情報が閲覧可能となっていた顧客に対し連絡し、経緯の説明と謝罪を行っている。また今回の問題を受け、個人情報に関する管理体制の見直しや定期的な脆弱性のチェック、従業員教育などを通じて再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古