Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Aruba製「AOS-CXスイッチシリーズ」に複数の脆弱性

Hewlett Packard Enterprise傘下のAruba Networksが提供する「AOS-CXスイッチシリーズ」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

製品や搭載するファームウェアによって影響は異なるが、CVEベースであわせて12件の脆弱性が明らかとなったもの。一部はバグ報奨金プログラムを通じて報告されたという。

具体的には、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2022-23679」「CVE-2022-23680」や、コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-23681」「CVE-2022-23682」「CVE-2022-23683」、管理画面における権限の昇格「CVE-2022-23684」などが明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、今回公表された脆弱性において「CVE-2022-23679」「CVE-2022-23680」がもっとも高く「8.3」と評価されている。

脆弱性の重要度を見ると「クリティカル(Critical)」とされるものは含まれていない。「CVE-2022-23679」「CVE-2022-23680」「CVE-2022-23681」「CVE-2022-23682」「CVE-2022-23683」「CVE-2022-23684」の6件については次に高い「高(High)」とレーティングされている。

今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-23679
CVE-2022-23680
CVE-2022-23681
CVE-2022-23682
CVE-2022-23683
CVE-2022-23684
CVE-2022-23686
CVE-2022-23687
CVE-2022-23688
CVE-2022-23689
CVE-2022-23690
CVE-2022-23691

(Security NEXT - 2022/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意