Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど

CODE BLUE実行委員会は、10月27日、28日にオンラインおよび会場によるハイブリッド開催を予定している「CODE BLUE 2022」の一部講演者を発表した。

同イベントは、国内外で活躍するセキュリティ専門家が集う日本発のセキュリティカンファレンス。今回、技術関係をテーマとする登壇者3名を明らかにした。

独SRLabsのファウンダーであるKarsten Nohl氏は、5Gのハッキングをテーマに講演。オープンネットワークに対するハッキングの可能性や、実際に発見された脆弱性などをもとにセキュリティ上の課題について説明する。

VMwareの春山敬宏氏は、APT攻撃に用いられたマルウェアの解析をテーマに登壇。コマンド&コントロールサーバとの通信に用いられたプロトコルのエミュレーションなど、独自の手法による分析が特徴的な内容となっている。

また「ProxyLogon」「ProxyShell」など「Microsoft Exchange Server」の一連の脆弱性を発見し、前回「CODE BLUE 2021」でも講演を行ったOrange Tsai氏が再び登壇。「Microsft IIS ハッシュテーブル」に対する攻撃について解説する予定。

(Security NEXT - 2022/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開