Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 105」がリリースに - 深刻な脆弱性などを解消

Googleは、同社ブラウザの最新版「Chrome 105」をリリースした。深刻な脆弱性の修正なども含まれる。

Windows向けに「同105.0.5195.54」「同105.0.5195.53」「同105.0.5195.52」、macOSおよびLinux向けに「同105.0.5195.52」の提供を開始したもの。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する24件の修正を実施。CVEベースで22件の脆弱性を解消している。

重要度を見ると、4段階の評価でもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件。ネットワークサービスにおける解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-3038」に対処した。

2番目に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は9件。「Use After Free」の脆弱性6件をはじめ、ヒープバッファオーバーフロー、サイト分離における実装の不備、入力値の検証不備などを修正した。

さらに「中(Medium)」とされる脆弱性9件や「低(Low)」とされる3件を解消している。同社では今後数日から数週間にわたり、アップデートを展開していく予定。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-3038
CVE-2022-3039
CVE-2022-3040
CVE-2022-3041
CVE-2022-3042
CVE-2022-3043
CVE-2022-3044
CVE-2022-3045
CVE-2022-3046
CVE-2022-3047
CVE-2022-3048
CVE-2022-3049
CVE-2022-3050
CVE-2022-3051
CVE-2022-3052
CVE-2022-3053
CVE-2022-3054
CVE-2022-3055
CVE-2022-3056
CVE-2022-3057
CVE-2022-3058
CVE-2022-3071

(Security NEXT - 2022/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター