Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 105」がリリースに - 深刻な脆弱性などを解消

Googleは、同社ブラウザの最新版「Chrome 105」をリリースした。深刻な脆弱性の修正なども含まれる。

Windows向けに「同105.0.5195.54」「同105.0.5195.53」「同105.0.5195.52」、macOSおよびLinux向けに「同105.0.5195.52」の提供を開始したもの。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する24件の修正を実施。CVEベースで22件の脆弱性を解消している。

重要度を見ると、4段階の評価でもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件。ネットワークサービスにおける解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-3038」に対処した。

2番目に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は9件。「Use After Free」の脆弱性6件をはじめ、ヒープバッファオーバーフロー、サイト分離における実装の不備、入力値の検証不備などを修正した。

さらに「中(Medium)」とされる脆弱性9件や「低(Low)」とされる3件を解消している。同社では今後数日から数週間にわたり、アップデートを展開していく予定。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-3038
CVE-2022-3039
CVE-2022-3040
CVE-2022-3041
CVE-2022-3042
CVE-2022-3043
CVE-2022-3044
CVE-2022-3045
CVE-2022-3046
CVE-2022-3047
CVE-2022-3048
CVE-2022-3049
CVE-2022-3050
CVE-2022-3051
CVE-2022-3052
CVE-2022-3053
CVE-2022-3054
CVE-2022-3055
CVE-2022-3056
CVE-2022-3057
CVE-2022-3058
CVE-2022-3071

(Security NEXT - 2022/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開