Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県民割登録宿泊施設の非公開情報を誤掲載 - 群馬県

群馬県は、「愛郷ぐんまプロジェクト」において登録宿泊施設の担当者や振込口座に関する情報を誤って掲載したことを明らかにした。

同県によれば、8月26日9時過ぎにググッとぐんま公式ホームページで掲載している県民割キャンペーン「愛郷ぐんまプロジェクト」の「登録宿泊施設一覧」を更新した際、非公表とする宿泊施設の情報を掲載するミスがあったという。

宿泊施設の担当者に関する氏名、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、および支援金振込口座の口座番号や金融機関名、口座名義など791件が記載されていた。

事務局の運営する群馬県観光物産国際協会において、本来は掲載すべきではない情報を含んだままPDFファイルを作成し、そのまま掲載してしまったという。

同協会職員が同日誤掲載に気づき、正しいPDFファイルに差し替えた。同協会より対象となる宿泊施設に謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2022/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害