Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生

千葉県の自治体情報セキュリティクラウドにおいて障害が発生し、同県や県内市町村において一時インターネットへ接続できなくなるなど影響が出た。

同県によれば、8月25日9時40分ごろから同日11時15分ごろにかけて、同県自治体のインターネットゲートウェイとなり、不正通信の監視などを行っている「千葉県自治体情報セキュリティクラウド」において通信障害が発生したもの。

同システムは同県や県内市町村で利用しており、障害の影響で各自治体のウェブサイトを閲覧できない状態となったほか、オンライン会議などをはじめ、インターネット接続を必要とする事務作業などが行えない状況となった。

同県へ同システムを提供しているNTT東日本が原因を調べているが、8月29日の時点でサイバー攻撃は確認されておらず、機器に起因する障害と見られている、自治体の相互接続に利用する「LGWAN」については影響なかった。

同システムは、7月14日にも12時10分ごろから13時15分ごろにかけて利用できなくなる障害が発生したばかり。同県では同社に対して詳しい原因の調査と改善計画の提出を求めている。

(Security NEXT - 2022/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施