Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生

千葉県の自治体情報セキュリティクラウドにおいて障害が発生し、同県や県内市町村において一時インターネットへ接続できなくなるなど影響が出た。

同県によれば、8月25日9時40分ごろから同日11時15分ごろにかけて、同県自治体のインターネットゲートウェイとなり、不正通信の監視などを行っている「千葉県自治体情報セキュリティクラウド」において通信障害が発生したもの。

同システムは同県や県内市町村で利用しており、障害の影響で各自治体のウェブサイトを閲覧できない状態となったほか、オンライン会議などをはじめ、インターネット接続を必要とする事務作業などが行えない状況となった。

同県へ同システムを提供しているNTT東日本が原因を調べているが、8月29日の時点でサイバー攻撃は確認されておらず、機器に起因する障害と見られている、自治体の相互接続に利用する「LGWAN」については影響なかった。

同システムは、7月14日にも12時10分ごろから13時15分ごろにかけて利用できなくなる障害が発生したばかり。同県では同社に対して詳しい原因の調査と改善計画の提出を求めている。

(Security NEXT - 2022/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施