Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ

中古品の再販事業を手がけるハードオフコーポレーションは、公式アプリで不正ログイン被害が発生したことを明らかにした。

同社によると、第三者が利用者のメールアドレスやパスワードを用いてポイントカードアプリ「ハードオフ公式アプリ」へ不正にログインを行ったもの。8月11日に被害を確認し、システムを一時停止した。

8月9日より特定のIPアドレスから複数アカウントに対してログインの試行が行われ、同月11日にかけて同アプリでログインがあった6186アカウントの一部で被害が発生した可能性がある。第三者にログインを許した場合、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、職業などを閲覧された可能性がある。

同社では、同月12日に全利用者のパスワードをリセットし、不正ログインの対策を講じた。あわせてログイン情報が流出した可能性のある利用者に対し、メールで連絡を取り、身に覚えのない購入履歴やポイントの利用履歴がないか確認するよう注意を呼びかけている。

今回の問題を受けて「ハードオフ公式アプリ」にくわえて、「オフモール」「オファー買取アプリ」によるサービスを一時停止していたが、同月13日に再開した。

(Security NEXT - 2022/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性