Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに最新版となる「Chrome 104」をリリースした。機能強化のほか、脆弱性の修正を行っている。

Windows向けに「Chrome 104.0.5112.81」「同104.0.5112.80」「同104.0.5112.79」をリリース。macOSおよびLinuxに対しては「同104.0.5112.79」の提供を開始したもの。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する27件の修正を実施。CVEベースで22件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は7件。具体的には「CVE-2022-2603」「CVE-2022-2604」など「Use After Free」の脆弱性6件や域外メモリの読み込み1件などを解消した。のこる15件の脆弱性に関しては、重要度が1段階低い「中(Medium)」とレーティングされている。

同社では今後数日から数週間にわたり、同バージョンを展開していく予定。今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-2603
CVE-2022-2604
CVE-2022-2605
CVE-2022-2606
CVE-2022-2607
CVE-2022-2608
CVE-2022-2609
CVE-2022-2610
CVE-2022-2611
CVE-2022-2612
CVE-2022-2613
CVE-2022-2614
CVE-2022-2615
CVE-2022-2616
CVE-2022-2617
CVE-2022-2618
CVE-2022-2619
CVE-2022-2620
CVE-2022-2621
CVE-2022-2622
CVE-2022-2623
CVE-2022-2624

(Security NEXT - 2022/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会