Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意

新型コロナウイルス感染症の影響で、密な空間を避けて楽しめるアウトドアが人気を集めているが、2021年秋以降、人気ブランドの公式通販サイトを装う「偽サイト」の相談が全国の消費生活センターに寄せられているとして消費者庁が注意喚起を行った。

同庁によれば、「モンベル」や「ロゴス」といったブランドに便乗する「偽サイト」にだまされて注文してしまい、商品が届かず金銭をだまし取られる被害が多数発生しているという。

今回確認されたケースでは、ブランドのロゴはもちろん、衣類やキャンプ用品などの商品の画像を公式サイトより盗用。ひと目見ただけでは偽サイトと判断するのは困難なつくりで、通常の販売価格から最大9割引などとアピールし、「Instagram」や「Facebook」などSNS上の広告より誘導していた。

クレジットカード決済で代金をだまし取っており、偽サイト上では無関係の会社名を運営会社として表示。記載された住所に会社は実在しておらず、運営者の実態はわかっていない。

20220801_ca_002.jpg
偽サイトでは、モンベルの正規サイトより画像を盗用している(画像:消費者庁)

(Security NEXT - 2022/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性