Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性

ジャストシステムの法人向けソフトウェアに同梱されている「JUSTオンラインアップデート for J-License」に脆弱性が明らかとなった。

同プログラムは、アップデートモジュールがないか定期的に確認するソフトウェア。「一太郎Pro」「ATOK」「花子」「Shuriken」をはじめ、「JUST PDF」「JUST Office」「JUST Government」「JUST Police」「JUST Medical」「ジャストスクール」ほか、同社の法人向け製品に同梱されている。

特定のプログラムを起動する際、実行ファイルのパスが引用符で囲まれておらず、不正なファイルを実行するおそれがある脆弱性「CVE-2022-36344」が判明した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.8」と評価されている。

同脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の松隈大樹氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

ジャストシステムでは、「JUSTオンラインアップデート for J-License」が導入されているか確認する方法をアナウンスするとともに、同プログラムを更新するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を