Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性

ジャストシステムの法人向けソフトウェアに同梱されている「JUSTオンラインアップデート for J-License」に脆弱性が明らかとなった。

同プログラムは、アップデートモジュールがないか定期的に確認するソフトウェア。「一太郎Pro」「ATOK」「花子」「Shuriken」をはじめ、「JUST PDF」「JUST Office」「JUST Government」「JUST Police」「JUST Medical」「ジャストスクール」ほか、同社の法人向け製品に同梱されている。

特定のプログラムを起動する際、実行ファイルのパスが引用符で囲まれておらず、不正なファイルを実行するおそれがある脆弱性「CVE-2022-36344」が判明した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.8」と評価されている。

同脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の松隈大樹氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

ジャストシステムでは、「JUSTオンラインアップデート for J-License」が導入されているか確認する方法をアナウンスするとともに、同プログラムを更新するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート