Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市

大阪市は、小学校の教員が、健康診断の記録を別の児童に誤って配布したことを明らかにした。

同市によれば、7月20日に教員が通知表とあわせて異なる健康診断の記録を児童24人に配布したもの。健康診断の記録には、児童の氏名や身体測定の記録などが含まれる。

同日、学校に保護者から連絡があり問題が判明。児童の配布用ファイルに入れる際、健康診断の記録を出席番号とは逆の順番に入れたが、気付かずにそのまま配布してしまったという。

同校では教職員が対象となる児童宅を家庭訪問し、経緯の説明と謝罪を行うとともに、誤って配布した健康診断の記録を回収。再発行した健康診断の記録を配布した。

(Security NEXT - 2022/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を