Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoのインフラ管理製品に深刻な脆弱性 - API経由でコマンド実行のおそれ

オンプレミスやクラウドなどインフラストラクチャの運用や管理機能を提供する「Cisco Nexus Dashboard」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

特に重要度が高い「CVE-2022-20857」をはじめ、あわせて3件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2022-20857」は、アクセス制御の不備により、認証なしにリモートよりコマンドを実行されるおそれがある脆弱性。

データネットワーク上の特定APIに対し、細工したHTTPリクエストを送りつけることで、ノード上のポッドにおいて、任意のコマンドをroot権限で実行することが可能になるという。

同社では共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、同脆弱性のベーススコアを「9.8」と評価。重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

また同製品のウェブユーザーインタフェースには、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2022-20861」が存在。さらにコンテナイメージの読み書きが可能となる「CVE-2022-20858」も明らかとなった。

(Security NEXT - 2022/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ