Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoのインフラ管理製品に深刻な脆弱性 - API経由でコマンド実行のおそれ

オンプレミスやクラウドなどインフラストラクチャの運用や管理機能を提供する「Cisco Nexus Dashboard」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

特に重要度が高い「CVE-2022-20857」をはじめ、あわせて3件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2022-20857」は、アクセス制御の不備により、認証なしにリモートよりコマンドを実行されるおそれがある脆弱性。

データネットワーク上の特定APIに対し、細工したHTTPリクエストを送りつけることで、ノード上のポッドにおいて、任意のコマンドをroot権限で実行することが可能になるという。

同社では共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、同脆弱性のベーススコアを「9.8」と評価。重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

また同製品のウェブユーザーインタフェースには、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2022-20861」が存在。さらにコンテナイメージの読み書きが可能となる「CVE-2022-20858」も明らかとなった。

(Security NEXT - 2022/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性