Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県

栃木県は、同県サイトで公開している「森林簿データ」に本来削除すべき森林所有者の個人情報が含まれていたことを明らかにした。

同県によれば、ウェブサイト「オープンデータ・ベリーとちぎ」で公開する「森林簿データ」に、森林所有者1786人分の氏名と住所が含まれており、インターネット経由で閲覧できる状態となっていたもの。

掲載時に個人情報を削除することとなっていたが、削除に漏れがあるまま2021年12月6日に公開。2022年7月20日になって職員が個人情報に気が付き、掲載を停止した。

同県では、対象となる森林所有者に対し書面で謝罪を行う方針。今後はデータをウェブサイトへ掲載する際、2人以上で確認を実施するなど体制の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市