Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県

栃木県は、同県サイトで公開している「森林簿データ」に本来削除すべき森林所有者の個人情報が含まれていたことを明らかにした。

同県によれば、ウェブサイト「オープンデータ・ベリーとちぎ」で公開する「森林簿データ」に、森林所有者1786人分の氏名と住所が含まれており、インターネット経由で閲覧できる状態となっていたもの。

掲載時に個人情報を削除することとなっていたが、削除に漏れがあるまま2021年12月6日に公開。2022年7月20日になって職員が個人情報に気が付き、掲載を停止した。

同県では、対象となる森林所有者に対し書面で謝罪を行う方針。今後はデータをウェブサイトへ掲載する際、2人以上で確認を実施するなど体制の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
農業経営者の個人情報を県内自治体に誤送信 - 静岡県
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会