Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市

名古屋市は、市立小学校2校において個人情報の紛失事故が発生したことを公表した。

同市によれば、熱田区内の2校で児童個票ファイルの紛失事故が発生したもの。ファイルには児童の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、保護者の氏名、保護者の勤務先、緊急連絡先、自宅付近の略図、留意事項などが記載されている。

1校では、5月24日に担任が担当する学級の児童個票ファイル21人分を児童の机の上に置き忘れ、児童が知らずに誤って自宅へ持ち帰る事故が発生。気づいた保護者から連絡があり回収した。

また別の1校では、5月26日に職員室の保管庫内に28人分の児童個票ファイルが見当たらないことが判明した。事故を受けて各校では対象となる保護者に経緯を説明。謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介