Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、のべ349件の脆弱性に対応 - CVSS基本値「9以上」65件

Oracleは、四半期ごとに公開している定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を現地時間7月19日にリリースし、深刻な脆弱性などを修正した。

今回のアップデートは、のべ349件の脆弱性に対処したもので、重複を除くとCVEベースで188件の脆弱性に対応している。

具体的には、「Oracle Database Server」「Oracle Java SE」のほか、「Oracle E-Business Suite」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Commerce」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle REST Data Services」「Oracle MySQL」「Oracle Virtualization」など幅広い製品の脆弱性を解消した。

のべ349件の脆弱性における共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、最高値が10のところ「7.0」以上と評価された脆弱性が205件。このうち65件は「9.0」以上と評価されている。

「CVE-2022-22947」については「Oracle Communications Cloud Native Core」の関連4製品に影響があり、いずれも最高値の「10」とレーティングされている。そのほか54件についても「9.8」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大