Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、のべ349件の脆弱性に対応 - CVSS基本値「9以上」65件

Oracleは、四半期ごとに公開している定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を現地時間7月19日にリリースし、深刻な脆弱性などを修正した。

今回のアップデートは、のべ349件の脆弱性に対処したもので、重複を除くとCVEベースで188件の脆弱性に対応している。

具体的には、「Oracle Database Server」「Oracle Java SE」のほか、「Oracle E-Business Suite」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Commerce」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle REST Data Services」「Oracle MySQL」「Oracle Virtualization」など幅広い製品の脆弱性を解消した。

のべ349件の脆弱性における共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、最高値が10のところ「7.0」以上と評価された脆弱性が205件。このうち65件は「9.0」以上と評価されている。

「CVE-2022-22947」については「Oracle Communications Cloud Native Core」の関連4製品に影響があり、いずれも最高値の「10」とレーティングされている。そのほか54件についても「9.8」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ