Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃

ドラッグストアチェーンを展開するサンドラッグは、同社が運営する複数のeコマースサイトの利用者が、不正ログインの被害を受けた可能性があることを明らかにした。

同社によれば、7月9日から11日にかけて「サンドラッグe-shop本店」および「サンドラッグお客様サイト」が不正アクセスを受けたもの。

海外のIPアドレスより、第三者が正規の利用者になりすましてログインを試みたもので、1万9057件のアカウントが第三者によるログインを許した可能性がある。

7月11日10時半ごろ、システムを委託する事業者より報告があり、被害へ気がついた。同社以外で流出したアカウント情報を悪用する「パスワードリスト攻撃」によるものと同社では見ている。

被害状況など詳細を調べているが、ログインされた場合は、氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、購入履歴、保有ポイント数のほか、パスワード、クレジットカード番号の上6桁と下2桁を閲覧されたおそれがあるという。

問題の発覚を受けて、同社は対象となる顧客にメールで連絡し、パスワードの変更を依頼。発信元となった海外からのアクセスを遮断するなど、対策を講じたとしている。

(Security NEXT - 2022/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開