Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃

ドラッグストアチェーンを展開するサンドラッグは、同社が運営する複数のeコマースサイトの利用者が、不正ログインの被害を受けた可能性があることを明らかにした。

同社によれば、7月9日から11日にかけて「サンドラッグe-shop本店」および「サンドラッグお客様サイト」が不正アクセスを受けたもの。

海外のIPアドレスより、第三者が正規の利用者になりすましてログインを試みたもので、1万9057件のアカウントが第三者によるログインを許した可能性がある。

7月11日10時半ごろ、システムを委託する事業者より報告があり、被害へ気がついた。同社以外で流出したアカウント情報を悪用する「パスワードリスト攻撃」によるものと同社では見ている。

被害状況など詳細を調べているが、ログインされた場合は、氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、購入履歴、保有ポイント数のほか、パスワード、クレジットカード番号の上6桁と下2桁を閲覧されたおそれがあるという。

問題の発覚を受けて、同社は対象となる顧客にメールで連絡し、パスワードの変更を依頼。発信元となった海外からのアクセスを遮断するなど、対策を講じたとしている。

(Security NEXT - 2022/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ