Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高校で個人情報含むタブレットが所在不明に - 愛知県

愛知県は、県立高校において生徒の個人情報が保存されている教員用のタブレット端末が所在不明となっていることを明らかにした。

同県によれば、生徒20人分の氏名と学校名が記載された運動部の大会参加申込書と、生徒7人分の顔写真が保存されている端末の所在がわからなくなっているもの。県教育委員会が配備した端末で、内部のデータは暗号化されており、パスワードについても設定されているという。

5月31日、端末がないことに教諭が気づいた。前日30日、教諭が授業で使用するため端末を教室に持参したがその後の所在がわからないという。学校内外を捜索したが発見できなかった。

同校では、7月4日から6日までの間に、対象となる生徒とその保護者に対し、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校説明会の申込者宛メールで誤送信 - 大阪府
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる