Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに

Zohoの監査ログ分析管理ツール「ManageEngine ADAudit Plus」では、3月に深刻な脆弱性が修正されたが、一定期間を経て詳細が公開された。

「同ビルド7060」未満を導入したサーバでは、「XML外部実体参照(XXE)」の脆弱性「CVE-2022-28219」が存在。「Javaデシリアライゼーション」「パストラバーサル」なども含まれており、認証なしにリモートよりコードを実行されるおそれがある。

3月28日にセキュリティ研究者より報告を受けた同社では、脆弱性の重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」とし、3月30日にアップデートとなる「同ビルド7060」をリリース。脆弱性を解消している。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「9.8」と評価している。

バグ報奨金プログラムを通じて同脆弱性を同社へ報告したHorizon3.aiのNaveen Sunkavally氏は、一定期間を経て現地時間6月29日に脆弱性の詳細について公表した。同氏は、ドメイン管理者のアカウントについても侵害されるおそれがあると脆弱性の危険性を指摘。利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ