Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県

新潟県防災局危機対策課のヘリコプター管理事務所で利用するメールアカウントが何者かに乗っ取られ、スパムメールを送信するための踏み台に悪用されたことがわかった。同県では、被害状況や原因などを調べている。

同県によれば、同事務所で利用するメールアカウントが乗っ取られ、外部に迷惑メールが送信された痕跡があることが、6月30日に判明したもの。問題のメールは「HELLO!DEAR!GOOD NEWS TO YOU,」といった件名で送信されており、メールの本文は英文で記載されていた。

メールアドレスは、同県ドメインによるものではなく、プロバイダより貸与されたものだが、以前よりおもに関係機関との連絡で公的に用いていたという。同県では、メールが送信された日時、件数、個人情報の流出状況などを調べている。

また不正アクセスを受けたメールアカウントに関しては、脆弱なパスワードを利用していたことが明らかとなっており、原因についてもくわしく調査している。

同県では、メールアカウントのパスワードを変更するとともに、メールでやり取りがあった関係者に注意喚起を実施。また「新潟県消防防災航空隊」や同事務所のメールアドレスより着信したメールについて注意するよう広く呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正