Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市

埼玉県所沢市は、市内の小学校において児童の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、業務で使用するUSBメモリを教諭が紛失したもので、同月3日に自宅で見当たらないことに気がついた。6月1日に使用したのを最後に所在不明となっている。

問題のUSBメモリには児童65人分の氏名、生年月日、学力、配慮事項などを記載した引継資料のほか、児童に関する教育活動風景などの写真約95件、担当学級の座席表、教諭の自己評価シート、指導案などが保存されていた。

同教諭は、6月13日に学校へ事態を報告。当初は個人情報が含まれていないとされていたが、6月21日に個人情報が含まれていることが明らかとなった。

持ち出しにあたり、同教諭は4月28日に自宅で授業準備を行うことを理由に校務用USBメモリを借りていたが、個人情報については、持ち出しが禁止されていたという。また業務で使用するUSBメモリにはパスワードを設定する必要があったが、問題のUSBメモリにはパスワードをかけていなかった。

同校では、対象となる児童の保護者に対し、保護者説明会を開催して報告と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
児童情報含む教諭の私物USBメモリが所在不明に - 北九州市小学校
小学校で通知表所見データ含むUSBメモリを紛失 - 仙台市
個人情報や学士入試問題草稿など含むUSBメモリを紛失 - 東大
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院