Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命

第一生命保険は、契約者向けの一部メール通知サービスに脆弱性が存在し、サービス登録者の個人情報が、第三者によって閲覧可能だったことを明らかにした。

同社によれば、企業年金保険の契約者である法人や団体の担当者向けに提供している「年金通信メール通知サービス」において、サービス登録者の氏名や勤務先の組織名、電話番号、メールアドレスなどが第三者から閲覧できる状態だったことが判明したもの。

5月30日に外部より指摘があり、調査を行ったところ判明した。脆弱性が存在し、特定の手順でアクセスすることで登録者の個人情報を閲覧できる可能性があったという。

問題の判明を受けて同社は、登録者情報の閲覧機能を停止。サービスを開始した2013年6月以降に同サービスへ登録された顧客の情報1209件を対象に調査を実施した。アクセスログが存在する期間に脆弱性を悪用された形跡は見つかっていないが、すでに一部でログの保有期間が経過しており、個人情報流出の有無を確認することは困難だったという。

今回の問題を受け、同社では利用者による登録情報の変更や解除に対応するとともに、個人情報を聞き出す「なりすまし行為」について注意喚起を実施した。また停止した登録者情報の閲覧機能について再開の準備を進めている。

(Security NEXT - 2022/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
施設指定管理者、イベント案内メールをCC送信 - 三重県
ネット流出の可能性ある個人情報、対象件数を修正 - 沖縄の信販会社
セミナー案内メール誤送信で関係者のメアド流出 - 積水ホームテクノ