Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Atlassian Confluence」のアップデートが公開 - すでに悪用済み、要対応

アップデートできない利用者に向けては、一時的な回避策を用意。一部ファイルを更新することで脆弱性の影響を軽減できるとしている。

クラスタで運用している場合、クラスタ全体を停止する必要はないが、各ノードで対策を講じる必要があるという。

またサポートを終えた製品について回避策のテストを完全に実施しておらず、今回の脆弱性以外にもセキュリティ上の問題が含まれているおそれがあるとして、脆弱性を修正した最新版へ更新するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2022/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局