Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)は、6月16日にオンラインセミナー「クラウドデータベースの完全消去を考える」を開催する。

クラウドに設置したデータベースのデータ管理やデータ消去などが課題となっており、データの暗号化やデータ消去の実効性を担保することをテーマに有識者が講演する。

基調講演は、立命館大学教授の上原哲太郎氏。「暗号化消去の原理とリスク」と題して、クラウド上のデータ消去に有効な「暗号化消去」の基礎や鍵管理を中心とした注意点について解説する。

特別講演にはブランコ・ジャパンの三松基氏が登壇。また「クラウドデータベースの完全消去」についてパネルディスカッションを行う予定。

事前登録制でコンソーシアム会員に限らず、一般からも参加可能。参加費は無料で定員は200人。詳細はDBSCのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」