Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)は、6月16日にオンラインセミナー「クラウドデータベースの完全消去を考える」を開催する。

クラウドに設置したデータベースのデータ管理やデータ消去などが課題となっており、データの暗号化やデータ消去の実効性を担保することをテーマに有識者が講演する。

基調講演は、立命館大学教授の上原哲太郎氏。「暗号化消去の原理とリスク」と題して、クラウド上のデータ消去に有効な「暗号化消去」の基礎や鍵管理を中心とした注意点について解説する。

特別講演にはブランコ・ジャパンの三松基氏が登壇。また「クラウドデータベースの完全消去」についてパネルディスカッションを行う予定。

事前登録制でコンソーシアム会員に限らず、一般からも参加可能。参加費は無料で定員は200人。詳細はDBSCのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

活かしきれないセキュリティツール、機能の重複も - Fastly調査
2022年マルウェアの被害届出が約3倍に - 8割弱が「Emotet」
米政府、ランサムウェア「ESXiArgs」の復旧ツール - 十分理解して使用を
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを