Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市

宮崎県延岡市は、職員が個人情報を含む業務データを別の職員へメール送信した際、関係ない第三者に送信するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、5月10日17時過ぎに同市職員が、業務で用いる表計算ファイルを、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者となり、自宅待機する別の職員へメールで送信しようとしたところ、第三者のメールアドレスへ誤送信するミスが発生したもの。

同ファイルには、新型コロナワクチン接種の国補助事業の支払いに関するデータが記録されており、関連業務を行った個人や法人の名称、住所、支払金額など138件の情報が含まれる。ファイルにパスワードなどは設定されていなかった。

自宅待機していた職員は、5月10日に提出期限の書類が未提出であるとの連絡を受け、自宅のパソコンで提出書類を作成しようと、私的に利用するフリーメールのメールアドレスへデータ送信を別の職員に依頼。

依頼を受けた職員が応じてデータを送信したところ、メールアドレスの入力を誤り、関係ない第三者へ送信してしまったという。

(Security NEXT - 2022/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞