Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇

グローバルにおいてランサムウェア攻撃の減少が見られる一方、日本をはじめとする一部地域で攻撃の増加が観測されている。

Avastによれば、2022年第1四半期におけるランサムウェアを用いた攻撃は、グローバルにおいて前四半期から7%減少した。

攻撃対象となるターゲットが、一般的なインターネット利用者から規模の大きい組織へシフトしていることにくわえ、2021年第4四半期より政府機関などが攻撃者に対する取り締まりを強化したり、「Maze」など一部グループが活動を停止したことなども影響し、2四半期連続で減少した。

また同社は、多くのランサムウェア運用者が活動しているウクライナに対して、ロシアが侵攻したことも攻撃が減少した一因であるとの見方を示している。

同時期に多く観測されたランサムウェアは「WannaCry」「STOP」「VirLock」「GlobeImposter」「Makop」だった。ただし、攻撃総数は減少が見られるものの、攻撃は進行中であり、標的型攻撃を展開する「LockBit」「Conti」「Hive」「BlackCat」なども活発な動きを見せたという。

グローバルとは異なる動きが見られたのが日本で、国内におけるランサムウェアの遭遇リスクは、前四半期から37%増加した。また「インド(34%)」「メキシコ(120%)」なども攻撃の増加が観測されている。

(Security NEXT - 2022/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性