Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト

アート作品のオンライン販売サイト「TRiCERA ART」において、一部登録ユーザーの個人情報が別のユーザーから閲覧できる状態だったことがわかった。

同サービスを運営するTRiCERAによれば、特定の条件下において、ログイン時に本人のアカウントとは別のユーザーのアカウントに接続され、個人情報の一部を閲覧することが可能となっていたもの。5月10日に顧客から指摘を受け判明した。

個人情報が閲覧された可能性があるのは、Facebookアカウント連携を利用しており、Facebookにメールアドレスを登録していない7人。それぞれ対象となる人数は異なるものの、最大で141人が閲覧できる状態だった。

同社では対象となるユーザーに対し謝罪し、影響の詳細や再発防止策を連絡するとしている。

(Security NEXT - 2022/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都
CC送信で競技団体登録団体のメアド流出 - 東京都障害者スポーツ協会
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター