Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト

アート作品のオンライン販売サイト「TRiCERA ART」において、一部登録ユーザーの個人情報が別のユーザーから閲覧できる状態だったことがわかった。

同サービスを運営するTRiCERAによれば、特定の条件下において、ログイン時に本人のアカウントとは別のユーザーのアカウントに接続され、個人情報の一部を閲覧することが可能となっていたもの。5月10日に顧客から指摘を受け判明した。

個人情報が閲覧された可能性があるのは、Facebookアカウント連携を利用しており、Facebookにメールアドレスを登録していない7人。それぞれ対象となる人数は異なるものの、最大で141人が閲覧できる状態だった。

同社では対象となるユーザーに対し謝罪し、影響の詳細や再発防止策を連絡するとしている。

(Security NEXT - 2022/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
アンケートフォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 守口市
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
市立高校で模試の結果データを生徒に誤送信 - 函館市