Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響

衣料小売大手のしまむらは、5月4日にサイバー攻撃を受け、システム障害が発生していることを明らかにした。詳細について調査を進めている。

同社によると、サイバー攻撃の影響でシステム障害が発生しているもので、近隣店舗より商品在庫を取り寄せる「お取り寄せサービス」が5月11日時点で約2200店舗において利用できない状態となっている。

また被害の拡大防止のため、5月5日に一時キャッシュレス決済を停止したが、安全を確認できたとして翌6日より復旧、再開している。

同社は、捜査機関と連携しつつ、引き続き調査を行っていく方針。システム障害の具体的な状況や原因、脅迫の有無などについては、犯罪者集団の増長を招くとして言及を避けている。

経営や店舗の営業に与える影響については少ないと説明。同社が運営するオンラインストアにも影響はないとしている。

(Security NEXT - 2022/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
大和証券海外子会社にサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査
サーバ上の顧客情報が削除される、流出の可能性も - エディオン
日邦産業の海外グループ会社にサイバー攻撃 - 生産に影響なし
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし