Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に

4月にフィッシング対策協議会へ報告されたフィッシング攻撃やURLの件数が過去最多を更新した。1カ月間に報告されたURL件数がはじめて1万件の大台を超えたという。

同月に同協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告は9万2094件。過去最多となった前月の8万2380件をさらに9714件上回り、記録を更新した。1日あたり3069.8件、前月の約2657.4件から412.4件増加している。

誘導先となるフィッシングサイトのURLは、重複を除いて1万928件。過去最多だった前月の9779件から1149件増加し、はじめて1万件の大台を突破した。1日平均約364.3件のURLが確認されたことになる。悪用されたブランドは前月から4件減少するも101件で依然として高い水準で推移している。

ブランドのジャンルを見ると、クレジットや信販系が26件、ISPやホスティング事業者、メールサービスが13件、都市銀行やネット銀行など金融系が8件だった。また放送局をかたるケースがあらたに確認されている。

報告の多かったブランドを見ると、KDDIが展開する携帯電話サービスの「au」や、同社グループのコード決済サービス「au PAY」をかたるケースが前月の約4.5倍へと急増。全体の約22.4%と約4分の1にのぼり、最多だった。

20220510_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の報告やURL件数の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少