Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開

東映アニメーションがサイバー攻撃を受けた問題で、同社はランサムウェアに起因する障害だったことを明らかにした。ソフトウェアのダウンロードをきっかけに攻撃が展開されたという。

同社では3月6日にサイバー攻撃を確認。一部システムを停止したことから制作が困難となり、一部アニメ作品の制作に影響が出た。一時放映を延期したが、4月16日以降再開している。

同社によれば、従業員が業務上必要なソフトウェアを外部ウェブサイトよりダウンロードしたところ、同サイトが改ざんされており、ランサムウェアの侵入につながるソフトウェアが同時にダウンロードされたという。

3月6日には、外部の第三者より同社ネットワークに対してアクセスが行われ、サーバやパソコンがランサムウェアに感染、データを暗号化され、作品製作やそのほかの業務に遅延が生じたという。個人情報の外部流出などは確認されていない。

同社は被害発生以降、外部セキュリティ事業者の支援なども受けつつ、対策を実施。4月28日の時点で作品製作をはじめとする業務は概ね正常化したという。

復旧に経緯や改ざんされていたウェブサイト、ランサムウェアへ感染するきっかけとなったソフトウェアなどは具体的に明らかにしていない。本誌は同社に取材を求めたが、ウェブサイトで発表している以上のことは回答できないとし、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2022/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市