Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリプトマイナーの感染攻撃に「Spring4Shell」を悪用

Javaフレームワーク「Spring Framework」に脆弱性「Spring4Shell」が見つかった問題で、同脆弱性を悪用し、暗号資産(仮想通貨)を採掘するマルウェアをインストールする攻撃が確認されている。

攻撃を検知したTrend Microが報告したもの。同脆弱性については、以前にもボットネット「Mirai」に悪用される動きが観測されているが、悪用の動きが広がっている。

同社では、4月前半から中盤にかけて、1日あたり少なくとも700件の攻撃の試行を観測。なかでも4月3日は約2700件を観測しているが、これら攻撃においてクリプトマイナーを展開するためにWebシェルを作成しようとする攻撃を検知したという。

感染前に動作するOSをチェック。エンコードされたペイロードをダウンロードし、ファイアウォールを停止して、ほかのクリプトマイナーを停止した上であらたなクリプトマイナーをインストールしようとしていた。

攻撃の観測を受けて、同社は利用者に対し、あらためて「Spring Framework」を脆弱性が解消されたバージョンへ更新するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート