Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター

国立病院機構大阪南医療センターは、患者の個人情報を含む画像データが保存されたデジタルカメラを紛失したことを明らかにした。

同センターによれば、3月23日に同センターが保有するデジタルカメラを紛失したもの。

問題のカメラには、同センターで手術をした患者503人分の氏名、カルテ番号、臓器標本を撮影した画像データが保存されており、そのうち39人については病名も写り込んでいた。

同センター内を捜索したが発見できなかった。不正利用などは確認されていないという。同センターでは対象となる患者に対し、個別に連絡を取っている。

同センターでは今回の問題を受けて、記録メディアに関してパスワードの設定や施錠管理、外部保存後のデータ削除など周知徹底し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
ATM取引情報の記録メディアを紛失 - 敦賀信金
患者情報を保存したカメラを紛失 - 昭和大学歯科病院
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
保育園で園児の画像を含むデジタルカメラを紛失 - 鎌倉市
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市