Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター

国立病院機構大阪南医療センターは、患者の個人情報を含む画像データが保存されたデジタルカメラを紛失したことを明らかにした。

同センターによれば、3月23日に同センターが保有するデジタルカメラを紛失したもの。

問題のカメラには、同センターで手術をした患者503人分の氏名、カルテ番号、臓器標本を撮影した画像データが保存されており、そのうち39人については病名も写り込んでいた。

同センター内を捜索したが発見できなかった。不正利用などは確認されていないという。同センターでは対象となる患者に対し、個別に連絡を取っている。

同センターでは今回の問題を受けて、記録メディアに関してパスワードの設定や施錠管理、外部保存後のデータ削除など周知徹底し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
ATMの取引情報が記録された記録媒体を紛失 - 杜の都信金
県立高で成績表を裏紙利用、教室に掲示 - 生徒が撮影して拡散
入居申込者情報を撮影したカメラを紛失 - 鳥取県住宅供給公社
委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院
個人情報含むカメラの記録メディアを紛失 - 埼玉県
顧客向けDMに別の顧客のメアドを印刷 - カメラのアマノ
市立幼稚園で園児の撮影画像など含むメディアを紛失 - 尼崎市
保育園で児童の画像含む記録媒体が所在不明 - 鎌倉市
患者情報を記録したカメラが所在不明 - 立川病院