Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京セラ製のプリンタや複合機に脆弱性 - リモートでPWなど取得可能

京セラドキュメントソリューションズ製のプリンタや複合機に脆弱性が明らかとなった。

同社製のカラーやモノクロ複合機、プロダクションプリンタの複数機種において認証情報が十分に保護されていない脆弱性「CVE-2022-1026」が明らかとなったもの。

ユーザー認証を設定している場合でも、SOAPインターフェイス経由でアクセスすると、認証なしにアドレスブックに含まれるユーザー名やパスワードなどの情報を取得することができるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.6」とレーティングされている。

同脆弱性はRapid7のAaron Herndon氏が発見、2021年11月に報告したもので、公表にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整した。

Rapid7では、脆弱性の詳細や実証コード(PoC)などを公表。外部FTPやSMBサーバをはじめとする他エンドポイントで利用するパスワードなどを取得されることへの懸念を示している。

京セラドキュメントソリューションズでは、脆弱性を修正した最新版のファームウェアを用意しており、保守事業者へ更新を依頼するよう利用者へ注意を喚起。

また適用するまでは、リスクを軽減するため、インターネット経由のアクセスより保護された環境で利用するなど、緩和策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消