Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃で制作停止していた新作TVアニメ作品を供給再開 - 東映アニメ

東映アニメーションがサイバー攻撃を受け、同社製作アニメの放送スケジュールに影響が出た問題で、4月16日以降、新作の放送を順次再開することがわかった。

同社では3月6日にサイバー攻撃を確認。一部システムを停止したことから制作が困難となり、3月13日以降、アニメ作品「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」「デリシャスパーティ♡プリキュア」「デジモンゴーストゲーム」「ONE PIECE」に関して、過去に放映した作品の再放送などへ切り替えて対応してきた。

同社では、目処がたったとして約1カ月ぶりとなる4月16日の「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」より、順次新規作品の放映を再開することを明らかにした。ただし、映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の公開スケジュールについては調整中としている。

攻撃を受けた具体的なシステムについては明らかにしておらず、原因や顧客情報、取引先への影響についても本誌の取材に対して「調査中でございます」とコメントするにとどめ、具体的な内容への言及は避けている。

(Security NEXT - 2022/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
子会社にサイバー攻撃、製品供給に影響なし - J-MAX
サイバー攻撃によるシステム障害が発生 - ニシオHD
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ
サイバー攻撃受け障害、従業員情報流出の可能性 - パルグループHD