Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃で制作停止していた新作TVアニメ作品を供給再開 - 東映アニメ

東映アニメーションがサイバー攻撃を受け、同社製作アニメの放送スケジュールに影響が出た問題で、4月16日以降、新作の放送を順次再開することがわかった。

同社では3月6日にサイバー攻撃を確認。一部システムを停止したことから制作が困難となり、3月13日以降、アニメ作品「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」「デリシャスパーティ♡プリキュア」「デジモンゴーストゲーム」「ONE PIECE」に関して、過去に放映した作品の再放送などへ切り替えて対応してきた。

同社では、目処がたったとして約1カ月ぶりとなる4月16日の「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」より、順次新規作品の放映を再開することを明らかにした。ただし、映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の公開スケジュールについては調整中としている。

攻撃を受けた具体的なシステムについては明らかにしておらず、原因や顧客情報、取引先への影響についても本誌の取材に対して「調査中でございます」とコメントするにとどめ、具体的な内容への言及は避けている。

(Security NEXT - 2022/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
大和証券海外子会社にサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査
サーバ上の顧客情報が削除される、流出の可能性も - エディオン
日邦産業の海外グループ会社にサイバー攻撃 - 生産に影響なし
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
自動化ツールによる短期間のペネトレーションテストサービスを提供 - ラック