Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目

CODE BLUE実行委員会は、日本発のセキュリティカンファレンスイベント「CODE BLUE 2022」を10月27日、28日に都内で開催すると発表した。

同イベントは、国内外で活躍するセキュリティ専門家が集う日本発のセキュリティカンファレンス。日本やアジアにおけるコミュニティの活性化や若手研究者の支援なども行っている。

2022年も昨年と同様に会場とオンラインを組み合わせたハイブリッド形式を採用。10年目の節目にあらたな実行委員長として明治大学教授の菊池浩明氏を迎え、会場は「渋谷PARCO」のカンファレンスホール「Dragon Gate」を予定している。

セキュリティ関連において技術はもちろん、法律、政策、サイバー犯罪対策、オープンソースツールなどバラエティに富んだ内容となる見込みで、コンテストやワークショップのほか、協賛企業による展示なども計画している。

カンファレンスの参加費は、会場参加が10万7800円、オンラインが1万9800円。いずれも税込。事前登録の開始日や、論文募集(CFP)については今後アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2022/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
「CODE BLUE 2020」がオンライン開催に - 新型コロナ影響で
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映