Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業

自動車部品メーカーの小島プレス工業は、サイバー攻撃を受けた問題で調査結果を取りまとめた。リモート接続機器の脆弱性が狙われたという。

2月26日深夜にファイルサーバで障害を検知し、マルウェア感染や脅迫メッセージを確認したことから、ネットワークを遮断して原因や影響の範囲について調査を進めていたもの

同社子会社では、外部事業者との通信にリモート接続機器を使用しているが、今回の攻撃では同機器に存在した脆弱性が標的になったという。

同機器より子会社ネットワークが侵害され、さらに同社の社内ネットワークへ侵入。2月26日20時過ぎにサーバやパソコンに対して攻撃が展開されたと見られる。

ランサムウェアにより暗号化され脅迫メッセージが残されたが、同社では攻撃者と連絡を取っていない。情報が外部に流出した可能性も含めて調査を行っているが、データを持ち出された形跡や外部での流出なども確認されていないとしている。

同社では引き続き復旧作業を進めるとともに、セキュリティ対策の強化、従業員教育、子会社やサプライチェーンに対する再発防止策の情報共有など行う方針。

(Security NEXT - 2022/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
エスビー食品子会社でランサムウェア被害 - 生産供給に影響なし
自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害
PCR検査のデータ管理システムがランサム被害 - 愛知県
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県