Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」のアップデートが公開 - 「Spring4Shell」対策も

「Apache Tomcat」の開発チームは、アップデートをリリースした。脆弱性「Spring4Shell」の緩和策も実装されている。

アップデートとなる「Apache Tomcat 10.0.20」「同9.0.62」「同8.5.78」を現地時間4月1日にリリースしたもの。

今回のリリースでは「Tomcat Native Library」を「同1.2.32」へと更新。「OpenSSL 1.1.1n」でビルドされたWindowsバイナリを選択することが可能となった。

「HTTP/2」の一部処理でログ機能を改善したほか、クライアント証明書認証で互換性のないTLSの設定が使用された場合に警告する機能などを追加している。

また、Javaフレームワーク「Spring Framework」に別名「Spring4Shell」として知られる脆弱性「CVE-2022-22965」が判明した問題を受けて対策を実装。

公表されたエクスプロイトでは、実行にあたりサーブレットコンテナとして「Apache Tomcat」が利用されていたが、クラスローダに同脆弱性の影響を緩和する対策を追加した。

今回のアップデートについて、「Spring Framework」の開発グループは、脆弱性「CVE-2022-22965」の影響を緩和する対策のひとつとする一方、あくまでも報告された攻撃に対する戦術的な方策に過ぎないと説明。根本的な対策として脆弱性を修正した「Spring Framework 5.3.18」「同5.2.20」以降へできるだけ早くアップデートすることを推奨している。

加筆のお知らせ:「Spring4Shell」対策に関する「Spring Framework」開発者のスタンスを追記しました(2022年4月5日)。

(Security NEXT - 2022/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性