Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」のアップデートが公開 - 「Spring4Shell」対策も

「Apache Tomcat」の開発チームは、アップデートをリリースした。脆弱性「Spring4Shell」の緩和策も実装されている。

アップデートとなる「Apache Tomcat 10.0.20」「同9.0.62」「同8.5.78」を現地時間4月1日にリリースしたもの。

今回のリリースでは「Tomcat Native Library」を「同1.2.32」へと更新。「OpenSSL 1.1.1n」でビルドされたWindowsバイナリを選択することが可能となった。

「HTTP/2」の一部処理でログ機能を改善したほか、クライアント証明書認証で互換性のないTLSの設定が使用された場合に警告する機能などを追加している。

また、Javaフレームワーク「Spring Framework」に別名「Spring4Shell」として知られる脆弱性「CVE-2022-22965」が判明した問題を受けて対策を実装。

公表されたエクスプロイトでは、実行にあたりサーブレットコンテナとして「Apache Tomcat」が利用されていたが、クラスローダに同脆弱性の影響を緩和する対策を追加した。

今回のアップデートについて、「Spring Framework」の開発グループは、脆弱性「CVE-2022-22965」の影響を緩和する対策のひとつとする一方、あくまでも報告された攻撃に対する戦術的な方策に過ぎないと説明。根本的な対策として脆弱性を修正した「Spring Framework 5.3.18」「同5.2.20」以降へできるだけ早くアップデートすることを推奨している。

加筆のお知らせ:「Spring4Shell」対策に関する「Spring Framework」開発者のスタンスを追記しました(2022年4月5日)。

(Security NEXT - 2022/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正