Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関に対策徹底を再度要請、攻撃受けたら報告を - 金融庁

金融庁は、金融機関に対してあらためてサイバー攻撃の脅威に備え、攻撃を受けた場合は、すみやかに報告するよう求めた。

経済産業省、総務省、警察庁、内閣サイバーセキュリティセンターの政府4省庁より注意喚起が行われたが、同庁においてもあらためて金融機関に対して注意を呼びかけたもの。

幹部のリーダーシップのもと、サイバー攻撃の脅威について認識を深め、従来より呼びかけてきたリスクの低減措置をはじめ、インシデントの早期検知、インシデント発生時の適切な対処についてあらためて徹底するよう求めた。

またセキュリティ専門機関などが発表している情報をもとに「ランサムウェア」や「Emotet」への対策を講じることや、攻撃を受けた場合は、同庁や財務局へ速やかに報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
サイバー攻撃被害の情報共有でガイダンス - 政府がパブコメ実施
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
サイトの脆弱性診断で勝負 - 専門学生向けセキュコンが開催
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO