Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓

森永製菓にサイバー攻撃があり、同社通信販売事業「森永ダイレクトストア(旧天使の健康)」の顧客情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、3月13日深夜に管理する複数のサーバで障害が発生。ネットワーク内部に侵入され、一部データが利用できない状態となっていることが判明した。

第三者による不正アクセスの痕跡が見つかっており、ネットワーク機器の脆弱性を突かれた可能性が高いという。注文した顧客や届け先の個人情報が流出した可能性について調査を進めたが、形跡は確認されていないものの、外部に持ち出された可能性についても否定できないとしている。

対象となるのは、2018年5月1日から2022年3月13日にかけて同ストアの商品をインターネット、電話、ハガキ、ファックスで注文した164万8922人。氏名、住所、電話番号、生年月日、性別のほか、3887人に関してはメールアドレスも含まれる。

(Security NEXT - 2022/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
大和証券海外子会社にサイバー攻撃 - 情報流出など影響を調査
サーバ上の顧客情報が削除される、流出の可能性も - エディオン
日邦産業の海外グループ会社にサイバー攻撃 - 生産に影響なし
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
攻撃で制作停止していた新作TVアニメ作品を供給再開 - 東映アニメ
自動化ツールによる短期間のペネトレーションテストサービスを提供 - ラック