Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東映アニメにサイバー攻撃、一部作品が放映延期 - 連動商品などに未放送の内容も

東映アニメーションは、サイバー攻撃を受けて社内システムを停止した。制作も一部停止しており、複数アニメ作品の放送が延期となるなど影響が広がっている。

同社によると、3月6日に第三者よるサイバー攻撃を確認し、同社の一部システムを停止したもの。顧客情報や取引先の情報などへ影響がないか、外部の協力のもと、調査を進めているという。

影響を受けている具体的なシステムについては明らかにしていないが、サイバー攻撃の影響で一部制作についても停止した。

3月12日に放映を控えていた同社製作アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」や、翌13日の「デリシャスパーティ♡プリキュア」については本来の放送内容を延期して再放送に切り替えるほか、「デジモンゴーストゲーム」「ONE PIECE」など、複数の作品で放映スケジュールに影響が出ている。

また「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」に関しては、放送後に発表を予定していた各社連動キャンペーンを延期。ただし、一部商品や告知については延期や変更ができず、未放送の内容が含まれる場合があるという。

同社では今回の事態を受けて関係機関へ報告した。同社は本誌取材に対して「正常化に向けて全力で取り組んでおります」とコメントするにとどめ、システムを停止した原因や復旧予定などへの言及は避けている。

(Security NEXT - 2022/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加