Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野球教室応募者の個人情報が閲覧可能に - ホークスのNPO法人

野球の指導などを行っているNPO法人のホークスジュニアアカデミー(HJA)は、野球教室応募者の個人情報が、外部から閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同法人によれば、2021年11月18日から2022年3月2日にかけて、ホークスジュニアアカデミーサイトの野球教室申し込みフォームから入力された応募者のリストが、外部より閲覧できる状態となっていたもの。

設定ミスが原因で、3月2日に外部から指摘があり問題が発覚し、対象ページを削除した。

対象ページでは、2020年12月から2021年1月にかけて応募した応募者の氏名や性別、学年、野球経験の有無など590件のほか、保護者氏名524件、メールアドレス530件などが表示される状態だった。

検索エンジンに登録されており、アクセス状況を調べたところ、約35回ほど外部より閲覧された可能性があるという。

同法人では、対象となる応募者に3月4日よりメールで経緯を報告し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都
CC送信で競技団体登録団体のメアド流出 - 東京都障害者スポーツ協会
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市