Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通話アプリやPBXで利用されるライブラリ「PJSIP」に複数脆弱性

「WhatsApp」をはじめとする音声通話アプリやウェブ会議アプリ「BlueJeans」などで広く利用されているオープンソースのライブラリ「PJSIP」に複数の脆弱性が明らかとなった。

同ライブラリは、Teluuが開発を手がけるオープンソースのマルチメディアに対応した通信ライブラリ。音声通話アプリのほか、IP-PBXの「Astarisk」をはじめ、広く利用されている。

APIの処理においてスタックオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-43299」「CVE-2021-43300」「CVE-2021-43301」や、域外メモリの読み込み「CVE-2021-43302」、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-43303」が明らかとなったもの。

JFrogが発見、報告したもので「CVE-2021-43299」「CVE-2021-43300」「CVE-2021-43301」については、同ライブラリを利用するアプリケーションにおいてコードを実行されるおそれがあり、同社では共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「8.1」と評価している。

「CVE-2021-43302」「CVE-2021-43303」については、悪用されるとサービス拒否に陥るおそれがあるとしており、いずれもCVSS値は「5.9」とレーティングされている。

開発チームでは、2月24日にリリースした「同2.12」にてこれら脆弱性を修正。アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2022/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性