Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パートナー企業へのサイバー攻撃で物流に影響 - ワコム

ペンタブレットなどを製造、販売するワコムは、パートナー企業がサイバー攻撃を受けたことから、同社製品の物流が停止していることを明らかにした。

同社によれば、パートナー企業がサイバー攻撃を受けた影響で2月21日より物流システムに影響が出ているもの。攻撃を受けたパートナー企業の名称については明らかにしていない。今回のサイバー攻撃による個人情報の流出はないとしている。

出荷業務の遅れにともない、同社では直販サイト「ワコムストア」を一時停止。これまで受け付けた注文については3月2日より順次出荷を再開したい考えだが、完全な復旧には至っておらず、配送が完了する時期は3月2日の時点で未定だという。

急ぐ場合は同社製品を取り扱う量販店での購入を検討するよう求めているが、すでに流通済みの在庫がなくなり、店頭より同社へ注文が必要となった場合は、入荷まで時間がかかる場合があるとしている。

(Security NEXT - 2022/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業